今の保育園を転職したい保育士の求人の探し方

subpage01

保育士が現在勤めている保育園をやめて違う保育園に転職したい保育士の求人を探す方法は3つあります。
1つ目は自分で探す、2つ目はハローワークで探す、3つ目は転職求人サイトで探す方法です。

求人情報を探す目的は同じですが過程や結果は異なります。出勤時間が短い、残業がない、希望収入など目的がはっきりしている場合には自力でも探しやすいですが、デメリットは求人情報が少なく、手間が掛かります。


職場の雰囲気や離職率がわかりづらく転職に失敗するリスクが高まります。


この保育園に行きたいといった明確な場所が決まっている場合には自力で探す方法が一番です。

ハローワークには国が運営しているので安心感が高いです。指定の求人で就職できたら助成金をもらう事ができます。

幅広い分野のT-SITEをわかりやすく説明しています。

ところがハローワークの求人には給料が低く、待遇が悪いものが多いです。



求人サイトを利用する方法は現在注目されています。
全国各地の膨大な求人情報が掲載せれていて、人気の度合いも判別する事ができます。
保育士の専門求人サイトを利用すると元保育士のアドバイザーも在籍していて、転職の悩みを相談する事ができます。
唯一のデメリットは情報が多すぎる点です。多くの求人情報が掲載されているためどれを選んで良いか迷ってしまいますが、エージェントにすると悩みが解決します。

非公開求人には高待遇などの好条件の求人が多いです。



エージェントやアドバイザーに相談する事によって転職の質があがります。