新卒と中途の保育士の就職

subpage1

昨今では待機児童という言葉があるように、需要と供給のバランスがミスマッチを起こしています。

保育園の数もそうですが、不景気を背景にした残業問題などが保育士の離職率を高めていることも問題になっています。

T-SITEに有効な情報の紹介です。

しかし、保育士の養成学校などでは将来業界で活躍することを夢見て頑張っている人達がいるのも確かです。
養成学校からの新卒であれば、例えば学校内にキャリアセンターがあることも多く学校と企業の繋がりがあれば優先的に求人を紹介してくれます。



また、1月〜3月にかけては人材の入れ替わりも盛んになりますので、新卒者募集の求人に積極的にアプローチすることで就職を勝ち取ることができるのではないでしょうか。
保育士のような現場がある職場では就職活動だけが内定を貰うための行動ではありません。



在学中に地域の企業に研修を申し出ることで受け入れてもらえることもありますし、そこで気に入ってもらうことができれば研修中に内定を貰うこともできます。


新卒者は新卒という言葉だけでなく、在学しているというメリットをどのように活かすかが就職に大きく影響してくると言えます。

保育士を目指すのは新卒者だけではなく社会経験を積んだ社会人にもいます。しかし、新卒者と比較するとやはり厳しい目で見られますし、何より企業は即戦力として期待しますのでハードルは高くなります。ただし、保育士としての経験がなくても社会人としての経験を魅力的に感じる企業もありますので、アピール次第でチャンスはいくらでもあるのではないでしょうか。

みんなの常識

subpage2

子供が好きで、保育園で仕事をしたいという希望を持ちそれを実現したいなら、保育に対する専門知識を得て、保育士の資格を取得する事が絶対に必要です。しかも保育士の資格を取るには、養成学校に行き卒業するか、難易度の高い国家試験をパスする必要があります。...

next

身に付けたい知識

subpage3

保育士の絶対数不足が大きな社会的問題になっています。いずれの保育園でも保育士の求人活動に熱心になっていますが、思うほどには充足できていないのが現実です。...

next

ためになる就職

subpage4

保育園求人は簡単に見つけることができます。いろいろな方法で探すことができるので、職探しをする上で困ることはほとんどありません。...

next

就職の特徴紹介

subpage5

保育士が現在勤めている保育園をやめて違う保育園に転職したい保育士の求人を探す方法は3つあります。1つ目は自分で探す、2つ目はハローワークで探す、3つ目は転職求人サイトで探す方法です。...

next